シャープ MX-2310Fのエラー・故障・トラブルの原因と直し方、修理費用

中古コピー機(複合機)市場で大きなシェアを占めるシャープ。そのシャープの中でも根強い人気を獲得しているMX-2310Fという機種があります。

MX-2310Fは、最近、機器の円熟期を過ぎたことから、故障やトラブルのご相談を多くいただくようになりました。

今回は、MX-2310Fで頻繁に発生する故障・トラブルの内容をピックアップし、その原因を究明。機器の直し方や対処方法をご紹介します。
また、すぐにコピー機を復旧するため、修理業者へ依頼した際の、各故障・トラブル別に修理費用の相場をお伝えします。

目次

  1. 【故障・トラブル1】同じ箇所で必ず紙詰まりを起こす
  2. 【故障・トラブル2】自動原稿送り装置(ADF)で紙詰まりを起こす
  3. 【故障・トラブル3】印刷すると紙にホチキス痕のような汚れが出る
  4. 【故障・トラブル4】印刷物が半分がかすれて、擦るとトナーが落ちる
  5. 【故障・トラブル5】エラーコード C4-00
  6. 【故障・トラブル6】エラーコード E7-03
  7. 【故障・トラブル7】エラーコード F2-64
  8. 【故障・トラブル8】エラーコード F2-65
  9. 【故障・トラブル9】エラーコード F2-66
  10. 【故障・トラブル10】エラーコード F2-67
  11. 【故障・トラブル11】エラーコード L4-06
  12. まとめ

【故障・トラブル1】同じ箇所で必ず紙詰まりを起こす

MX-2310Fでよく発生する故障・トラブルに「毎回、同じ箇所で紙詰まりを起こす」ということがあります。
以下で、故障が発生した原因と直し方、修理費用の相場をご紹介します。

原因

1.用紙を搬送するローラーの摩耗
2.用紙検知センサーの不良

直し方・対処方法

上記「1」、「2」どちらが原因でも、用紙を搬送する「搬送ユニット」ごと交換して直す必要があります。
お近くの修理業者へ依頼して、MX-2310Fの「搬送ユニット」を交換してもらいましょう。

修理費用

40,000円から

他店購入品でもOK! コピー機の故障・トラブルをその場で解消します!

【故障・トラブル2】自動原稿送り装置(ADF)で紙詰まりを起こす

MX-2310Fでよく発生する故障・トラブルに「自動原稿送り装置(ADF)で紙詰まりを起こす」ということがあります。
以下で、故障が発生した原因と直し方、修理費用の相場をご紹介します。

原因

1.用紙を搬送するローラーの摩耗
2.自動原稿送り装置の不良

直し方・対処方法

上記「1」が原因の場合は、「搬送ローラー」のクリーニングで直ることがあります。修理費用も安く済むでしょう。

一方「2」が原因の場合は、「自動原稿送り装置」をまるごと交換する必要があります。この場合は、比較的修理費用が高額になります。

いずれの場合もご自身で直すことはできませんので、お近くの修理業者へ依頼をしましょう。

修理費用

15,000円から

他店購入品でもOK! コピー機の故障・トラブルをその場で解消します!

【故障・トラブル3】印刷すると紙にホチキス痕のような汚れが出る

MX-2310Fでよく発生する故障・トラブルに「自動原稿送り装置(ADF)で紙詰まりを起こす」ということがあります。
以下で、故障が発生した原因と直し方、修理費用の相場をご紹介します。

原因

転写ユニットの不良

直し方・対処方法

ドラムから受け取ったトナーを紙に転写させる「転写ユニット」という装置に不具合が発生している可能性が高いです。この故障を直すには、「転写ユニット」を交換する必要があります。
ご自身で直すことはできませんので、お近くの修理業者へ依頼をしましょう。

修理費用

40,000円から

他店購入品でもOK! コピー機の故障・トラブルをその場で解消します!

【故障・トラブル4】印刷物が半分がかすれて、擦るとトナーが落ちる

MX-2310Fでよく発生する故障・トラブルに「印刷物が半分がかすれて、擦るとトナーが落ちる」ということがあります。
以下で、故障が発生した原因と直し方、修理費用の相場をご紹介します。

原因

定着ユニットの不良

直し方・対処方法

紙にトナーを定着させる「定着ユニット」という装置が劣化していることが考えられます。この場合、「定着ユニット」を交換する必要があります。
ご自身で直すことはできませんので、お近くの修理業者へ依頼をしましょう。

修理費用

70,000円から

他店購入品でもOK! コピー機の故障・トラブルをその場で解消します!

【故障・トラブル5】エラーコード C4-00

MX-2310Fでよく発生する故障・トラブルに「“C4-00”というエラーコードが操作パネルに表示されてコピー機が動かなくなる」ということがあります。
以下で、故障が発生した原因と直し方、修理費用の相場をご紹介します。

原因

エラーコードは、コピー機で発生している故障・トラブルの種類を示したものです。
「C4-00」のエラーコードは、下記の故障を示しています。

1.PTCユニット不良
2.基盤不良

直し方・対処方法

上記「1」が原因の場合は、紙への印字の過程で使用する転写ユニットという装置に帯電させる部品「PTCユニット」を交換することで直ります。

一方「2」が原因の場合は、「電気を送る基盤」または各系統に指示を出す「コントロール系の基盤」を交換することで直ることがあります。
まずは、「1」か「2」どちらが原因なのかを特定するため、お近くの修理業者へ相談をしましょう。

修理費用

30,000円から

他店購入品でもOK! コピー機の故障・トラブルをその場で解消します!

【故障・トラブル6】エラーコード E7-03

MX-2310Fでよく発生する故障・トラブルに「“E7-03”というエラーコードが操作パネルに表示されてコピー機が動かなくなる」ということがあります。
以下で、故障が発生した原因と直し方、修理費用の相場をご紹介します。

原因

エラーコードは、コピー機で発生している故障・トラブルの種類を示したものです。
「E7-03」のエラーコードは、「コピー機のHDD(ハードディスクドライブ)にトラブル」が発生していることを示しています。

直し方・対処方法

HDDを交換することで直ります。
ご自身で直すことはできませんので、お近くの修理業者へ依頼をしましょう。

修理費用

50,000円から

他店購入品でもOK! コピー機の故障・トラブルをその場で解消します!

【故障・トラブル7】エラーコード F2-64

MX-2310Fでよく発生する故障・トラブルに「“F2-64”というエラーコードが操作パネルに表示されてコピー機が動かなくなる」ということがあります。
以下で、故障が発生した原因と直し方、修理費用の相場をご紹介します。

原因

エラーコードは、コピー機で発生している故障・トラブルの種類を示したものです。
「F2-64」のエラーコードは、「ブラックトナーの補給トラブル」が発生していることを示しています。

直し方・対処方法

ブラックの現像ユニットを交換することで直ります。
ご自身で直すことはできませんので、お近くの修理業者へ依頼をしましょう。

修理費用

50,000円から

他店購入品でもOK! コピー機の故障・トラブルをその場で解消します!

【故障・トラブル8】エラーコード F2-65

MX-2310Fでよく発生する故障・トラブルに「“F2-65”というエラーコードが操作パネルに表示されてコピー機が動かなくなる」ということがあります。
以下で、故障が発生した原因と直し方、修理費用の相場をご紹介します。

原因

エラーコードは、コピー機で発生している故障・トラブルの種類を示したものです。
「F2-65」のエラーコードは、「シアン(青)トナーの補給トラブル」が発生していることを示しています。

直し方・対処方法

シアンの現像ユニットを交換することで直ります。
ご自身で直すことはできませんので、お近くの修理業者へ依頼をしましょう。

修理費用

50,000円から

他店購入品でもOK! コピー機の故障・トラブルをその場で解消します!

【故障・トラブル9】エラーコード F2-66

<p>MX-2310Fでよく発生する故障・トラブルに「“F2-66”というエラーコードが操作パネルに表示されてコピー機が動かなくなる」ということがあります。<br>
以下で、故障が発生した原因と直し方、修理費用の相場をご紹介します。</p>

原因

エラーコードは、コピー機で発生している故障・トラブルの種類を示したものです。
「F2-66」のエラーコードは、「マゼンダ(赤)トナーの補給トラブル」が発生していることを示しています。

直し方・対処方法

マゼンダの現像ユニットを交換することで直ります。
ご自身で直すことはできませんので、お近くの修理業者へ依頼をしましょう。

修理費用

50,000円から

他店購入品でもOK! コピー機の故障・トラブルをその場で解消します!

【故障・トラブル10】エラーコード F2-67

MX-2310Fでよく発生する故障・トラブルに「“F2-67”というエラーコードが操作パネルに表示されてコピー機が動かなくなる」ということがあります。
以下で、故障が発生した原因と直し方、修理費用の相場をご紹介します。

原因

エラーコードは、コピー機で発生している故障・トラブルの種類を示したものです。
「F2-67」のエラーコードは、「イエロートナーの補給トラブル」が発生していることを示しています。

直し方・対処方法

イエローの現像ユニットを交換することで直ります。
ご自身で直すことはできませんので、お近くの修理業者へ依頼をしましょう。

修理費用

50,000円から

他店購入品でもOK! コピー機の故障・トラブルをその場で解消します!

【故障・トラブル11】エラーコード L4-06

MX-2310Fでよく発生する故障・トラブルに「“L4-06”というエラーコードが操作パネルに表示されてコピー機が動かなくなる」ということがあります。
以下で、故障が発生した原因と直し方、修理費用の相場をご紹介します。

原因

エラーコードは、コピー機で発生している故障・トラブルの種類を示したものです。
「L4-06」のエラーコードは、「コピー機の転写ユニットのリフトトラブル」が発生していることを示しています。

直し方・対処方法

センサーのクリーニングを行い、トナーパイプを交換することで直ります。
ご自身で直すことはできませんので、お近くの修理業者へ依頼をしましょう。

修理費用

30,000円から

他店購入品でもOK! コピー機の故障・トラブルをその場で解消します!

まとめ

今回ご紹介した、MX-2310Fの故障やトラブルは、ご自身で直すことができませんので、お近くの修理業者へ依頼をしましょう。
特にエラーコードが表示されている場合、コピー機が動きませんので、速やかに修理業者へご相談することをお勧めします。

近くにコピー機の修理業者がいない場合は、中古コピー機の販売店にお問い合わせをしてみましょう。他店で購入した機器でも修理を受けてもらえるお店もあります。諦めずに相談してみましょう。

<関連記事>


このサイトは、OA機器リユースのプロ「株式会社エーワン」が運営しています。
機器の導入やトラブルのご相談、買取、修理のご依頼までお気軽にお問い合わせ下さい。

この記事を読んだ人はこの記事も見ています

お電話でのお問い合せはこちら