誰も知らない、家庭用電動シュレッダーの選び方

家庭用シュレッダーの定番品となっている電動シュレッダー。
手動のハンドシュレッダーと比較しても価格の差はほんとんどなくなりました。
手間なく使える便利さもあって、多くの方が電動シュレッダーを選んでいます。

その電動シュレッダーですが、どの性能に注目して、選んでいますか。

本体の大きさと、一度に細断できる枚数(最大細断枚数)をまず最初に確認する方が多いのではないでしょうか。

続いてチェックするのが、連続使用時間だと思います。
連続使用時間は長い方が、たくさん処理できるので便利ですよね。
ところが、この連続使用時間、家庭用の場合は、長ければ良いという訳ではないのです。

どこのお店も紹介していない、連続使用時間に注目した、家庭用の電動シュレッダーの選び方をご紹介します。

目次

  1. 連続使用時間が長い電動シュレッダーのデメリット
  2. 安い部品で組み立てられている、家庭用電動シュレッダー
  3. 連続使用時間が短い方が、実は長持ち
  4. 家庭用におすすめは、連続使用時間5分以下の電動シュレッダー
  5. まとめ

連続使用時間が長い電動シュレッダーのデメリット


連続使用時間が長い電動シュレッダーのデメリット

電動シュレッダーの場合、連続使用時間は長い方が、たくさんの紙を処理できます。
最近は、家庭用の電動シュレッダーでも10分間連続使用できる製品が登場しています。
10分は、家庭用として考えれば、長く使用できる仕様ですが、注意が必要です。

10分も使えるので、毎回、時間いっぱい使ってしまい、あっという間に故障してしまいます。
理由は、家庭用シュレッダーが、耐久性の高い部品を使用していないからです。

安い部品で組み立てられている、家庭用電動シュレッダー


安い部品で組み立てられている、家庭用電動シュレッダー

上の写真は、1万円未満で購入できる家庭用シュレッダーの部品です。
ご覧のように一部のギヤがプラスチック製です。

継続的に10分の使用を続けると、短期間でギヤに負荷が掛かり、あっという間に摩耗したり、欠けたりします。
そうすると、シュレッダーから変な音が鳴り、刃が回転しなくなったり、紙詰まりを起こしたり、仕様のサイズで細断できなくなったりと、故障やトラブルが多発するようになります。

連続使用時間は短い方が、実は長持ち


連続使用時間は短い方が、実は長持ち

1万円未満の電動シュレッダーで、細断枚数が4~5枚、連続使用時間が10分、のような仕様の製品があった場合、注意が必要です。

家庭用としては、同時に細断できる枚数が多く、さらに連続使用時間も長い、仕様上、高性能なシュレッダーに見えます。
このような仕様の電動シュレッダーを選んでしまうと、限界まで使い続けてしまいがちになります。そうすると、前述のように故障してしまいます。

家庭用シュレッダーの場合は、故障をしても原則修理ができません。買い替えになるケースがほとんどです。

そのようなことにならないように、家庭用の電動シュレッダーは2分、長くても5分程度の使用に留めておくのが良いでしょう。
2分使って適度に休ませながら使用すると、故障やトラブルの発生が少なくなり、製品が長持ちします。
一般的な家庭用シュレッダーの場合、2分もあれば50枚以上は処理できます。

家庭用におすすめは、連続使用時間5分以下の電動シュレッダー

家庭用に電動シュレッダーを選ぶ場合は、耐久性と使用時間のバランスを考えると、連続使用時間が5分以下の製品がおすすめです。
そこで、連続使用時間が5分以下で、長持ちする家庭用の電動シュレッダーのおすすめ品をご紹介します。

ナカバヤシ パーソナルシュレッダー 119



耐久性が高く、壊れにくい業務用シュレッダーとして高い信頼があるナカバヤシ製の家庭用電動シュレッダーです。
家庭用の製品としては細断速度が速く、5分で150枚を処理。処理が非常にはかどります。
静音設計のシュレッダーではありませんが、音が静かという口コミが多い点も特長です。

ナカバヤシ 家庭用電動シュレッダー「パーソナルシュレッダー119」
細断方式/サイズ
クロスカット/4×27mm
最大細断枚数
5枚
連続運転時間
5分
ゴミ箱(ダストボックス)容量
12L
対応用紙サイズ
A4まで
相場価格
6,000円~

ナカバヤシ 家庭用電動シュレッダー「パーソナルシュレッダー119」

オフィスハードウェアエーワン楽天市場店
オフィスハードウェアエーワン

GBC(アコブランズジャパン) GSHA26M



2×12mmで細かく細断できる、コンパクトでおしゃれな家庭用電動シュレッダーです。
見た目に似合わず非常にパワフル。ハガキや写真、ホッチキス、さらにプラスチックカードまでマイクロクロスカットで細断できます。

GBC(アコブランズジャパン) 家庭用電動シュレッダー「GSHA26M」
細断方式/サイズ
マイクロカット/2×12mm
最大細断枚数
5枚
連続運転時間
3分
ゴミ箱(ダストボックス)容量
約10L(A4コピー用紙約100枚収納)
対応用紙サイズ
A4まで
相場価格
6,000円~

GBC(アコブランズジャパン) 家庭用電動シュレッダー「GSHA26M」

オフィスハードウェアエーワン楽天市場店
オフィスハードウェアエーワン

GBC(アコブランズジャパン) GSHA25M



2×14mmのマイクロクロスカットで裁断する静音シュレッダーです。裁断音(細断音)がこもった音で非常に静かな点も他社製品との差別化のポイントになっています。
頑丈な刃を採用しているので、紙と同じ投入口で、プラスチックカードも2×14mmで細断できます。カード面の番号や名前を判読できないレベルに細断するのでとっても安心です。

GBC(アコブランズジャパン) 家庭用電動シュレッダー「GSHA25M」
細断方式/サイズ
マイクロカット/2×14mm
最大細断枚数
7枚
連続運転時間
5分
ゴミ箱(ダストボックス)容量
約9L(A4コピー用紙約120枚収納)
対応用紙サイズ
A4まで
相場価格
12,000円~

GBC(アコブランズジャパン) 家庭用電動シュレッダー「GSHA25M」

オフィスハードウェアエーワン楽天市場店
オフィスハードウェアエーワン

まとめ

今回は、連続使用時間に注目して、家庭用の電動シュレッダーを選ぶ方法をお伝えしました。

家庭用シュレッダーは、溜めてからまとめて処理する使い方には適していません。
いらない紙が見つかったら、その都度処分するのが良いでしょう。
仕様上、連続使用時間が長い製品でも、5分程度使ったら休ませるのが理想です。その結果、シュレッダーの故障やトラブルが減り、長持ちに繋がります。

電動シュレッダーの部品の耐久性と、ご家庭での使い方を照らし合わせると、連続使用時間は、3分前後の製品が最適と考えています。

どうしても溜めてからまとめて処理したいのであれば、1万~2万円程度の業務用シュレッダーを選んだ方が良いでしょう。
家庭用に比べて、刃や部品の強度が上がっていますので、ご家庭で出る紙をまとめて処理するなら、非常に快適にご利用できます。ハードに使用してもほとんどトラブルが起きませんので、おすすめです。



<関連記事>


このサイトは、OA機器リユースのプロ「株式会社エーワン」が運営しています。
機器の導入やトラブルのご相談、買取、修理のご依頼までお気軽にお問い合わせ下さい。

この記事を読んだ人はこの記事も見ています

お電話でのお問い合せはこちら