Original

【メーカー別比較】SHARP シャープの中古コピー機・複合機の評判は?

業務用コピー機の導入を検討し始めた時、どのコピー機を選んだら良いかわからない方も多いと思いますが、最初に気になるのはメーカー毎の特徴や違いではないでしょうか。

確かに、メーカー毎に機能や操作の仕方に多少の違いはありますが、2012年以降に発売された業務用コピー機であれば、どれも性能が高く、業務効率に大きく関わる性能差はありません。少し乱暴な言い方になりますが、業務用コピー機を新品で導入するのであれば、どのメーカーを選ばれても変わりがありません。

しかし、業務用コピー機を中古で購入しようと考えている場合は、その限りではありません。

中古のコピー機・複合機については、メーカー毎に特徴がありますので、理解しておくことをおすすめします。

今回は、中古OA市場で最も流通量が多い(当社調べ)「シャープ」の業務用コピー機の評判と、一部で他メーカーとの比較を行いながらその特徴をご紹介します。

目次

  1. シャープなら業務用コピー機を中古で安く購入できる!
  2. 評価の秘密。シャープは、保守サービスで評判が良い!
  3. シャープは、経済的な機能で高評価!
  4. シャープの中古コピー機の評判まとめ
  5. 参考:中古OA市場のNo.1は、シャープのコピー機!
    1. シャープコピー機は、中古OA市場でNo.1

シャープなら業務用コピー機を中古で安く購入できる!

シャープの中古コピー機の最も評判の良い点は、「購入価格の安さ」と考えます。

最初にお伝えした通り、業務用コピー機はメーカー毎の性能差はほとんどありませんので、「価格の安さ」は中古を選択するお客様にとって最も重要な購入ポイントと言えます。

中古OA市場で取り扱い数の多いシャープは、価格競争が起きやすく、驚くような価格で品質の高い業務用コピー機を購入できることが多々あります。一方で、カウンタ枚数や整備などにおいてコストパフォーマンスの悪いものが流通しやすいのもまたシャープです。このため、価格の安さだけで購入を決めてしまうと、手痛い目に遭うことがあります。

関連記事:業務用コピー機はどう選ぶ?中古でも質の良い一品を簡単に見つける方法

評価の秘密。シャープは、保守サービスで評判が良い!


保守サービスとは、毎月保守料金を支払うことで、業務用コピー機のメンテナンスを行うサービスです。トナーの補充や機械の定期点検、トラブル時の出張修理などが主なサービス内容です。

一般的に業務用コピー機の保守サービスは、メーカーが行いますので、同メーカーのコピー機を購入すれば、サービスの内容に違いはありません。しかし中古の場合は、販売店が自ら保守サービスを提供することが多く、独自にサービスの内容や料金体系を設計しています。

シャープは取り扱い店舗が多いため、保守サービスにおいても販売店が特長を出すべく競争をしています。サービスの提供エリアを限定することで、保守料金を安く抑えつつも、点検の回数が多かったり、すぐに修理に駆けつけてくれたりと、サービスの内容を充実させている販売店も多いという特長があります。

シャープは、経済的な機能で高評価!


業務用コピー機は性能や機能に大きな違いはないのですが、シャープの場合、プリントミスを減らすことができる「プレビュー機能」の評判が非常に良いです。

「プレビュー機能」は、印刷前に操作パネルで出力するデータの確認と編集が行えるものです。近年業務用コピー機は、操作パネルが大型化し、画面が鮮明になっていますが、「プレビュー機能」は、その特長を活かした機能と言えるでしょう。

シャープの「プレビュー機能」は非常に使いやすく、当社ではこの機能の活用がすんなり社内に浸透しました。その結果、以前の機械と比較してプリントミスが半分近くにまで減りました。

トナー代、用紙代、保守料金が掛かる業務用コピー機においてプリントミスを減らすことは至上命題です。業務用コピー機のコスト削減に関わる経済的な機能の有無、使い勝手は、機器選びの重要な購入ポイントと考えます。

シャープの中古コピー機の評判まとめ

最後に、シャープコピー機の中古市場における評判の良いポイントをもう一度まとめました。

・業務用コピー機を安く導入できる

・保守料金が安く、内容も充実

・使いやすい「プレビュー機能」でコスト削減が可能

業務用コピー機選びの際に、ぜひ参考にしてください。


<関連記事>

シャープ 最新カラーコピー機/複合機「MX-2650FN」を徹底レビュー

業務用コピー機はメーカーで違う?メーカー別の徹底比較

メーカーによって違う?購入してはいけない業務用コピー機のまとめ




参考:中古OA市場のNo.1は、シャープのコピー機!

売れてるの?出荷台数で見るシャープコピー機の人気度

まずは、シャープコピー機の評判を知る一歩として、国内の出荷台数シェアを確認してみます。


出典: IDC Japanプレスリリース「2016年 国内レーザーMFP市場動向を発表」(2017年3月30日)

※MFPとは、「Multifunction printer」の略称で、日本では複合機のことを指します。


実は出荷台数だけで見ると、キヤノン、リコー、富士ゼロックスの3社が市場の6割以上を占めています。

シャープはその他に分類されるいわば圏外グループに含まれています。

なお、シャープは業務用コピー機を主力として開発しているのですが、この統計には、安価な家庭用小型レーザーコピー機も含まれており、純粋な比較にはなりません。業務用コピー機に絞って集計した場合、シェアは変わってくると考えられます。

シャープコピー機は、中古OA市場でNo.1


先ほどの「メーカー別シェア」には、中古OA市場の流通量は含まれていません。

中古OA市場における「メーカー別シェア」のような数字はありませんので、当社で独自に、以下の方法で調査をしてみました。

Googleを使い「中古コピー機」のキーワードで検索した時に表示される上位10社のメーカー別のコピー機取扱数を集計しました。

2017/3/15 検索キーワード「中古コピー機」でGoogle検索した際に表示される上位10店舗で集計

上記の通り、シャープコピー機の取り扱い数が群を抜いて多いことが分かりました。

取り扱い数が多いことが、「売れている」、「評判が良い」ということに必ずしも結び付きませんが、機械を整備して販売、サポートを行うプロの多くがシャープコピー機を取り扱っているという状況は、品質に信頼がおける証明と捉えることができます。また「売れているから、取り扱い数が多い」という構図も考えられます。

このように、コピー機の中古での購入を考えた時には、SHARPの評価は大変高いものとなっています。



株式会社エーワン

株式会社エーワン

OA機器の整備、販売、買取を業としています。コピー機(複合機)、ファクス、シュレッダー、印刷機(輪転機)、紙折り機、丁合機の知見が深く、コピー機については保守や修理のサービスまで提供しています。

この記事を読んだ人はこの記事も見ています

(c) A1 Co.,Ltd.