catch-img

電動シュレッダーは価格で何が違う?家庭用、業務用の特長とおすすめ品を紹介

電動シュレッダーは同じような機能であっても、数千円から数十万円まで価格が異なる機種が多数販売されています。同じような機能なら安い方が良いと思ってしまいがちですが、細断サイズや耐久性、ダストボックスの収容量などの性能面においては価格帯で大きな違いがあります。

今回は、価格帯の違いで何が変わるのか電動シュレッダーの特長をご紹介します。

目次

  1. 5,000~10,000円未満の電動シュレッダーの特長
  2. 10,000~50,000円未満の電動シュレッダーの特長
  3. 50,000~100,000円未満の電動シュレッダーの特長
  4. 100,000円以上の電動シュレッダーの特長
  5. まとめ

5,000~10,000円未満の電動シュレッダーの特長

5,000~10,000円未満の電動シュレッダーの特長


最大細断枚数
4~10枚未満
連続使用時間
5分前後
耐久性能
低い
特長
使用頻度が低い一般家庭向け製品

低価格のシュレッダーは家庭での利用を想定して作られた電動シュレッダーです。可燃ごみとして出しにくい納品書や領収書等の書類をたまに処理する。といった用途に適しています。
細断枚数は4~10枚程度で大量の処理はできず、連続運転時間も5分前後のため長時間の連続使用には適していません。耐久性においては10,000円以上の機種に比べて劣りますが、同価格帯の中での差はほとんど無いでしょう。
この価格帯の場合5,000円前後の製品と10,000円付近の製品とでは機能、性能において差が見られます
例えば、CDやカード類の裁断にも対応したモデルや裁断屑が細かく高セキュリティなモデル、動作音が静かな静音モデルなど一部の機能や性能において特化した製品があります。
価格が5,000円前後の製品では大きな違いはありませんが、価格が高いほどはプラスアルファの機能や性能を有している傾向が見られます。

5,000~10,000円未満のおすすめ電動シュレッダー

アコ・ブランズ・ジャパン家庭用電動シュレッダーA26M

アコ・ブランズ・ジャパン 家庭用電動シュレッダー A26M


細断サイズ
2.0×12mm

細断方式

マイクロカット(マイクロクロスカット)
最大投入枚数
最大:5枚(A4用紙)
定格:4枚(A4用紙)

連続運転時間

3分

ダストボックス(ゴミ箱)容量

約10L(A4コピー用紙約100枚収納)
本体サイズ
幅325×奥行き170×高さ320(mm)/ 約3.5Kg
平均価格
7,000円前後

特長: 軽量、コンパクトな家庭用の電動シュレッダーではありますが、裁断屑が非常に細かいマイクロクロスカット方式を採用しているのが大きな特徴です。
投入した用紙はわずか2×12mmの細かさに裁断されるので個人情報が記載されている書類も安心して処理できます。

アコ・ブランズ・ジャパン 家庭用電動シュレッダー A26Mの詳細を見る

アスカ(Asmix)シュレッダーSZK01

アスカ(Asmix)家庭用電動シュレッダーSZK01


細断サイズ
4×30mm

細断方式

クロスカット
最大投入枚数
最大:6枚(A4用紙)
定格:5枚(A4用紙)

連続運転時間

10分

ダストボックス(ゴミ箱)容量

約8L(A4コピー用紙約60枚収納)

本体サイズ
幅170×奥行き320×高さ327(mm)/ 約4.6Kg
平均価格
9,000円前後

特長:このSZK01は製品名からも分かるように音がとても静かです。一般的なシュレッダーの騒音値が60~70dbであるのに対してSZK01はわずか48db。小さいお子さんがいる家庭や夜間でも周囲に気を遣うことなく安心して使用することができます

アスカ(Asmix)家庭用電動シュレッダーSZK01の詳細を見る

サンワサプライ家庭用電動シュレッダー 400-PSD031

サンワサプライ家庭用電動シュレッダー 400-PSD031


細断サイズ
5×40mm

細断方式

クロスカット
最大投入枚数
用紙:10枚(A4)
カード:1枚

連続運転時間

2分

ダストボックス(ゴミ箱)容量

約14L

本体サイズ
幅300×奥行き160×高さ395(mm)/ 約4.2Kg
平均価格
6,000円前後

特長:コンパクトで低価格な家庭用モデルですが、最大10枚(A4普通紙)の同時裁断が可能です。またホチキス裁断にも対応しホチキス針を外す手間なくそのまま処理できます。

サンワサプライ家庭用電動シュレッダー 400-PSD031の詳細を見る

10,000~50,000円未満の電動シュレッダーの特長

10,000~50,000円未満の電動シュレッダーの特長


最大細断枚数
10~20枚前後
連続使用時間
10~30分
耐久性能
低い
特長
5人未満程度の小規模オフィス向け

10,000円未満の製品に比べ一度にたくさんの紙を処理できるため、業務用として利用ができます。性能の目安としては、最大細断枚数が10~20枚程度、連続使用時間は、10~30分前後となっています。
家庭用に比べて性能は上がっているものの、大量細断、長時間の連続使用を前提に設計されていないので、使用頻度が少ない5人未満程度の小規模なオフィスや店舗での利用が最適でしょう。
この価格帯の製品の多くはプラスチック製のギヤなど耐久性があまり高くない部品で構成されています。使いすぎると部品が破損してしまい、紙詰まりや細断不良を招いてしまいます。

10,000~50,000円未満のおすすめ電動シュレッダー

アコ・ブランズ・ジャパン 業務用電動シュレッダー GBC GSH130AFX

アコ・ブランズ・ジャパン 業務用電動シュレッダー GBC GSH130AFX


細断サイズ

紙類:4×50mm

メディア類:4×50mm

細断方式

クロスカット
最大投入枚数(手差し)
紙類:6枚/メディア類:1枚
用紙セット枚数(オートフィード)
最大:200枚

連続運転時間

10分

ダストボックス(ゴミ箱)容量

約26L
本体サイズ
幅310×奥行き445×高さ435(mm)/ 10.7Kg
平均価格
22,000円前後

特長: 自動裁断機能(オートフィード)を搭載した電動シュレッダー。用紙束をトレイにセットし蓋を閉じると自動で用紙を裁断してくれます。最大200枚のA4用紙をセットでき溜まった書類まとめて処理すること可能です。また、マイクロクロスカット方式を採用し裁断屑が細かいのでセキュリティ面でも安心です。

アコ・ブランズ・ジャパン 業務用電動シュレッダー GBC GSH130AFXの詳細を見る

フェローズ 業務用電動シュレッダー 210MC

フェローズ 業務用電動シュレッダー 210MC


細断サイズ
2×12mm

細断方式

マイクロカット(マイクロクロスカット)
最大投入枚数

最大:8枚

定格:6枚

連続運転時間

30分

ダストボックス(ゴミ箱)容量

約21L
本体サイズ
幅370×奥行き275×高さ590(mm)/ 約10Kg
平均価格
25,000円前後

特長:モーターの発熱を抑える空冷ファンを搭載し常時冷却しながら使用できるので30分間(同クラス製品の約3倍)の長く連続使用が可能です。さらにオーバーヒート後もわずか10分(同クラス製品の約1/6の時間)で再度使用可能な状態に復帰します。

フェローズ 業務用電動シュレッダー 210MCの詳細を見る

アイリスオーヤマ 業務用電動シュレッダー AFS100C

アイリスオーヤマ 業務用電動シュレッダー AFS100C


細断サイズ
4×10mm

細断方式

クロスカット
最大投入枚数(手差し)
最大:7枚
用紙セット枚数(オートフィード)
約100枚 A4コピー用紙

連続運転時間

10分

ダストボックス(ゴミ箱)容量

約22L
本体サイズ
幅345×奥行き240×高さ556(mm)/ 約9.5Kg
平均価格
17,000円前後

特長:自動裁断機能(オートフィード)を搭載した電動シュレッダー。投入口に用紙をセットし最大100枚のA4用紙を一度裁断します。

アイリスオーヤマ 業務用電動シュレッダー AFS100Cの詳細を見る

50,000~100,000円未満の電動シュレッダーの特長

50,000~100,000円未満の電動シュレッダーの特長


最大細断枚数
10~50枚前後
連続使用時間
30分以上
耐久性能
高い
特長
10人前後のオフィス向け

50,000~100,000円未満の価格帯では、細断刃を回転させるギアなど頑丈な金属製部品を採用した高耐久なモデルを選ぶことができます。

また、連続使用時間は30分以上の製品が多く、低価格のモデルにくらべ長時間の連続使用ができるので10人前後のオフィスでも十分対応可能です。

50,000~100,000円未満のおすすめ電動シュレッダー

アコ・ブランズ・ジャパン 業務用電動シュレッダー シュレッドマスタープロ 660X / GCS660X

アコブランズジャパン(旧GBC) 業務用シュレッダー GCS660X


細断サイズ
3×25mm

細断方式

紙類:クロスカット / メディア類:5分割

最大投入枚数
紙類 最大:23枚/定格:21枚
メディア類 1枚

連続運転時間

120分

ダストボックス(ゴミ箱)容量

紙類 60L(A4サイズ:1,200枚相当を収容)
メディア類 約5枚

本体サイズ

幅450×奥行き338×高さ879(mm)/ 約39.5Kg

平均価格
90,000円前後

特長: 高機能な業務用のモデルで1分間に約250枚の用紙を処理し120分間の連続使用が可能。また、フッ素コート加工を施した細断刃を採用し、粘着物などが混入した場合などのトラブルを防いでくれます。

アコ・ブランズ・ジャパン 業務用電動シュレッダー シュレッドマスタープロ 660X / GCS660Xの詳細を見る

フェローズ 業務用電動シュレッダー 125Ci-2

フェローズ 業務用電動シュレッダー 125Ci-2


細断サイズ
4×38mm

細断方式

クロスカット

最大投入枚数
最大:22枚 / 定格:20枚

連続運転時間

30分

ダストボックス(ゴミ箱)容量

53L

本体サイズ
幅285×奥行き535×高さ735(mm)/ 約25kg
平均価格
70,000円前後

特長: シュレッダーのトラブルで最も多いのが用紙の入れすぎによる紙詰まりです。この125Ci-2には紙詰まりセンサーが搭載され用紙の投入枚数を感知。緊急時には動作を停止させ紙詰まりを未然に防いてくれます。

フェローズ 業務用電動シュレッダー125Ci-2の詳細を見る

オリエンタル 業務用電動シュレッダー ホワイトゴートシュレッダー DL2201-c

オリエンタル 業務用電動シュレッダー ホワイトゴートシュレッダー DL2201-c


細断サイズ
2×15mm

細断方式

マイクロクロスカット
最大投入枚数

最大:11枚 / 9枚[50Hz / 60Hz]

定格:6枚 / 5枚[50Hz / 60Hz]

連続運転時間

30分

ダストボックス(ゴミ箱)容量

31L(A4サイズ:400枚相当を収容)
本体サイズ
幅510×奥行き260×高さ660(mm)/ 34Kg
平均価格
75,000円前後

特長: 奥行わずか26センチのスリムなデスクサイドタイプですが、25万枚の用紙細断テストをクリアした程の高耐久なシュレッダーです。マイクロクロスカット方式で裁断屑はわずか2×15mmと非常に細かく高セキュリティ。個人情報、機密情報を扱う業務にも対応可能です。

オリエンタル 業務用電動シュレッダー ホワイトゴートシュレッダー DL2201-cの詳細を見る

100,000円以上の電動シュレッダーの特長

100,000円以上の電動シュレッダーの特長


最大細断枚数
20~50枚前後
連続使用時間
60分以上
耐久性能
非常に高い
特長
20人前後のオフィス向け

100,000円未満の製品以上に高い細断力と耐久性を兼ね備えた本格的は業務用電動シュレッダーを選ぶことができます。
大量細断、長時間の連続使用にも耐える設計で20人以上の中~大規模オフィスでの使用にも対応可能です。
また、用紙の投入口が広く、最大でA3サイズの用紙でもそのまま投入できます。
より長期間、安心して使い続けたい方には20万円前後の電動シュレッダーがおすすめです。この価格帯になると耐久性が高いのはもちろんのこと、細断刃自体に5年間の保証が設けられているような製品もあります。

100,000円以上のおすすめ電動シュレッダー

フェローズ 業務用電動シュレッダー 2470C

フェローズ 業務用電動シュレッダー 2470C


細断サイズ
4×30mm

細断方式

クロスカット方式

最大投入枚数

最大:24/23枚[50Hz/60Hz]

定格:14枚[50Hz/60Hz]

連続運転時間

60分

ダストボックス(ゴミ箱)容量

96L/A4コピー用紙 約2,200枚収納

本体サイズ

幅470×奥行き475×高さ870(mm)/ 約62kg

平均価格
130,000円前後

特長: 同時細断24枚、60分間の連続使用ができるので、使用頻度が高いオフィスにも対応可能。ホチキス裁断にも対応し会議資料などもそのまま処理できます。
また、カッタークリーニングモードを搭載し、カッターに残った紙片を取り除くことで紙詰まりなどトラブルを抑制します。

フェローズ 業務用電動シュレッダー 2470Cの詳細を見る

アコ・ブランズ・ジャパン 業務用電動シュレッダー GSHW01M-S

アコ・ブランズ・ジャパン 業務用シュレッダー GSHW01M-S


細断サイズ
2×10mm

細断方式

マイクロカット(マイクロクロスカット)

最大投入枚数

最大:22枚 / 20枚[50Hz / 60Hz]
定格:20枚 / 17枚[50Hz / 60Hz]

連続運転時間

60分

ダストボックス(ゴミ箱)容量

50L(A4サイズ:1,350枚相当を収容)

本体サイズ

幅524×奥行き362×高さ695(mm)/ 約50Kg

平均価格
170,000円前後

特長: 同時裁断枚数22枚、裁断サイズはわずか2×10m。細断力と高セキュリティを兼ね備えた業務用電動シュレッダー。個人情報に関する書類を多数扱うオフィスでも安心して使用できます。

アコ・ブランズ・ジャパン 業務用シュレッダー GSHW01M-Sの詳細を見る

オリエンタル 業務用電動シュレッダー ホワイトゴートシュレッダーDH3104-c

オリエンタル 業務用電動シュレッダー DH3104-C


細断サイズ
2.5×30mm

細断方式

ワンカットクロス

最大投入枚数
最大:25枚 / 22枚[50Hz / 60Hz]
定格:13枚 / 11枚[50Hz / 60Hz]

連続運転時間

連続

ダストボックス(ゴミ箱)容量

77L
本体サイズ

幅500×奥行き520×高さ850(mm)/ 80Kg

平均価格
180,000円前後

特長: メーカーの耐久性テストで100万枚の細断にも耐えた超高耐久仕様の電動シュレッダーです。本体の1年保証に加え裁断刃自体に5年間のメーカー保証に加え、万が一故障した際もメーカーの訪問修理が受けられる(※対応範囲内の場合)ので長期間安心して使い続けることができます。

オリエンタル 業務用電動シュレッダー ホワイトゴートシュレッダー DH3104-cの詳細を見る

まとめ


裁断枚数の目安

連続使用時間の目安

耐久性の目安

5,000~10,000円未満

4~10枚未満
5分前後
低い
10,000~50,000円未満
10~20枚前後
10~30分
普通
50,000~100,000円未満
10~50枚前後
30分以上
高い
100,000円以上
20~50枚前後
60分以上
非常に高い

いかがでしたでしょうか。電動シュレッダーは価格によって細断力や耐久性、連続使用時間など基本的な性能が全く異なります。

家庭用の低価格のモデルにおいては、数千円の差でセキュリティがより高いものや動作音(細断音)が静かなものなど、プラスアルファの機能を備えた製品も多数あります。

また業務用の場合は耐久性の高さは価格に比例します。利用する人数(従業員数)を確認した上で、それに適した電動シュレッダーを選ぶ必要があります。


業務用シュレッダーの販売店オフィスハードウェアエーワン


オフィスハードウェアエーワン楽天市場店


<関連記事>

家庭用シュレッダー、今注目の人気機能とは?タイプ別におすすめ品をご紹介

【プロがまとめた】家庭用シュレッダーの選び方

大澤(シュレッダーエンジニア)
大澤(シュレッダーエンジニア)

株式会社エーワンに所属するシュレッダー専門のエンジニアです。明光商会製を中心に数多くの業務用シュレッダーの整備を行い、高い品質の機械を生み出しています。

OA機器のご相談、お待ちしております
このサイトは、OA機器リユースのプロ「株式会社エーワン」が運営しています。
機器の導入やトラブルのご相談、買取、修理のご依頼までお気軽にお問い合わせ下さい。