catch-img

シュレッダーを高額買取してもらう秘訣と相場の買取金額

シュレッダーの処分方法の1つに、リサイクルショップを利用した買取処分があります。特に大型の業務用シュレッダーは、不用品回収業者に依頼して廃棄するよりも処分費用が抑えられるということで、買取処分が定番となっています。


今回の記事では、シュレッダーを長年整備・販売してきた私たちが、プロのバイヤー目線で高額買取の秘訣をご紹介します。

廃棄費用を支払って処分しなければならないと思っていたシュレッダーに、買取金額が付いて、思いもよらない大金を手にすることがあるかもしれません。

目次

  1. 最初におさえておきたい買取処分の基本
  2. 買取金額の相場
  3. 回収費用の相場
  4. 高額買取の条件
  5. 超高額買取品リスト
  6. 買取金額が付かないシュレッダーの特徴
  7. 高額買取をしてくれるリサイクルショップの特徴
  8. まとめ

最初におさえておきたいシュレッダーの買取処分の基本


シュレッダーを買取で処分する場合、その費用の内訳は、以下の図のようなイメージとなります。

シュレッダーを買取処分する際の費用の内訳


シュレッダーの買取金額が、機械の回収に掛かる費用を上回った場合、ユーザーは機械を無料で処分できる上、差額の買取金額を受け取ることができます。


一方で、シュレッダーの買取金額がほとんど付かず、回収費用を下回った場合は、ユーザーに処分費用をお支払い頂くことになります。


つまり、処分費用を抑えるためには、シュレッダーを高く買い取ってもらうことがポイントとなります。

参考情報:シュレッダー・コピー機 格安 回収・処分サービス

シュレッダーの買取金額の相場

業務用シュレッダーの買取金額相場イメージ

同業のリサイクルショップを調査したところ、業務用シュレッダーの買取金額の相場は、上記の通りとなりました。

ちなみに、A4サイズの業務用シュレッダーや家庭用シュレッダーは、ほとんど買取金額は付きません。中途半端に大きいA4サイズの業務用シュレッダーの場合、A3サイズの業務用シュレッダーより、処分費用が掛かるケースもあるでしょう。

参考情報:シュレッダー・コピー機 格安 回収・処分サービス

シュレッダーの回収費用の相場

シュレッダーの回収費用の相場


業務用シュレッダーの回収費用も同様に調査しました。

調査は、依頼元の回収拠点とシュレッダーの設置場所が、同一の都道府県内にあることを条件として行いました。

回収費用の相場は、以下の通りとなりました。


  • ゴミ箱の容量が40~70L程度のシュレッダー:13,000円前後
  • ゴミ箱の容量が90L以上のシュレッダー:14,000円前後


この回収費用を上回る買取金額が付けば、シュレッダーは、無料で処分できます。

参考情報:シュレッダー・コピー機 格安 回収・処分サービス

シュレッダーの高額買取の条件

当社でシュレッダーを整備する担当者にヒアリングをし、高値を付けても仕入れたい機械の特徴をまとめました。



  • 外装が綺麗なシュレッダー
  • 細断力が優れたシュレッダー
  • 製造から3年以内のシュレッダー


外装が綺麗なシュレッダー

シュレッダーの外装状態が悪い製品と良い製品


外装が綺麗なだけでは、シュレッダーに高値は付かないですが、外装が綺麗であることは、高額買取の必須条件です。


シュレッダーは白い筐体デザインの製品が多く、設置場所によっては変色してしまいます。日焼けやヤニ汚れがある機械は、クリーニングでも落ちないため、中古市場では買い手が付きません。

また、塗装の剥がれや凹みがある機械は、減額の対象となります。特に塗装については、剝れて中の鉄色が見えるレベルの傷が1箇所もないのが理想です。

細断力が優れたシュレッダー

細断力が優れたシュレッダー


明光商会シュレッダーの中でも「パワークロスカット」という細断方式を採用している製品は、細断力が非常に優れているので、中古市場で人気が高いです。そのため、高額な買取金額が付きやすくなっています。

パワークロスカットのシュレッダーは、一本の特殊な網から削り出した非常に丈夫な刃を採用しています。そのため耐久性が高く、丈夫で長持ちします。また、モーターの力が刃にしっかり伝わるため、大量の紙をいとも簡単に細断してしまいます。

製造から3年以内のシュレッダー

製造から3年以内のシュレッダー


製造から3年以内のシュレッダーであることが、高額買取の一番の条件です。


新しい製品が人気なのはシュレッダーでも同じです。その中でも1世代前の製品で外装状態が良い製品は市場価値が高く、高額な金額で買い取ってもらえるでしょう。


業務用シュレッダーは、利用頻度が高くなる製品です。一般的に製造年が若い中古品は品質が高く、長く快適に利用できる傾向にあります。その点が評価され、中古市場で高値で取り引きされています。

参考情報:シュレッダー・コピー機 格安 回収・処分サービス

シュレッダー 超高額買取品リスト

明光商会 業務用シュレッダー UD-F55S-L


中古市場で最もブランド力がある製品は、明光商会の業務用シュレッダーです。

その中でも、高額な買取金額が付きやすいシュレッダーをご紹介します。(2019年10月末時点調査)



  • PD-F75P-LM
  • PD-F65P-LM
  • SD-F30S-L
  • UD-F55S-L
  • UA-F25C-L
  • UD-F30U


上記のリストは、明光商会のA3業務用シュレッダーの最新モデルが中心となっています。

参考情報:シュレッダー・コピー機 格安 回収・処分サービス


買取金額が付かないシュレッダーの特徴

買取金額は付かないシュレッダーの特徴


買取金額がほとんど付かないシュレッダーの特徴は、以下の通りです。


  • 家庭用シュレッダー
  • 仕様のサイズや形で細断できないシュレッダー
  • 外装の汚れや変色が甚大なシュレッダー
  • 外装に大きな凹みがあるシュレッダー
  • 細断中に異音がするシュレッダー
  • 電源が入らないシュレッダー


上記のようなシュレッダーは、数百円の買取金額しか付かないケースが多くなっています。


しかし、産廃業者に依頼をすると廃棄費用が掛かりますので、買取金額が付く可能性があるリサイクルショップに処分をお願いした方が良いでしょう。

参考情報:シュレッダー・コピー機 格安 回収・処分サービス


シュレッダーを高額買取をしてくれるリサイクルショップの特徴

最後に、シュレッダーを高額で買い取ってくれるリサイクルショップの特徴についてご説明します。


高額で買い取ってくれるリサイクルショップの特徴は以下の通りです。

  • シュレッダーの専門サイトを運営している
  • 販売サイトを多店舗運営している
  • 販売サイトの製品ラインナップが豊富

シュレッダーの専門サイトを運営している

シュレッダー専門のネットショップ


リサイクルショップが、シュレッダーの専門サイトを持っていると、機械を高額で買い取ってもらえる可能性が高いです。

その理由は、買い取ったシュレッダーを適正価格で再販できる力を持っているからです。

専門サイトを運営しているショップは、総じて技術力が高く、シュレッダーに様々な付加価値を付けて販売ができます。そのため、安売りをせず、適正価格で販売ができます。


一方、シュレッダー以外の機器も一緒に並べて販売しているオークションサイトしか運営していないリサイクルショップは、機械の整備もせずに販売していることが多く、高い金額で販売ができません。そのため、高額な買取金額が付き難くなります。

販売サイトを多店舗運営している

シュレッダーの販売店


様々な販売サイトを運営しているリサイクルショップほど、シュレッダーを高額で買い取ってもらえる傾向があります。


自社サイトの運営はもちろんのこと、楽天やヤフーのようなモールに複数出店していると、シュレッダーの販売機会が増えるため、買い取った機械を早く捌くことができます。


複数のショップを運営しているリサイクルショップは在庫の回転が早く、製品の確保が急務です。そのため、シュレッダーを相場より高く買い取ってくれる可能性があります。

販売サイトの製品ラインナップが豊富

シュレッダーの品揃えが良いリサイクルショップと品揃えが悪いリサイクルショップ


同じ型番・商品名の製品しか取り扱っていないリサイクルショップより、取り扱い製品のラインナップが豊富なショップの方が、シュレッダーを高額で買い取ってもらえる可能性が高いです。

取り扱いラインナップが豊富ということは、それだけ多くの機械を再生できる技術を持っていることを表しています。技術力が高ければ、製品に付加価値を付けて高い金額で再販できますので、必然的に高い買取金額を付けることができます。

参考情報:シュレッダー・コピー機 格安 回収・処分サービス

まとめ

シュレッダーの処分の定番となっている「買取処分」をお得に利用頂けるように、今回は、リサイクルショップに高額で機械を買い取ってもらえる方法をご紹介しました。


技術力があり、販売力の高いリサイクルショップは、産廃業者が断るようなシュレッダーでも買取金額を付けて処分をしてくれます。


事情により廃棄をしなければならないことを除けば、シュレッダーは、買取で処分する方が良いでしょう。


買取金額は、シュレッダーの状態によって変わりますので、近い将来処分を検討されている方は、極力衛生的な環境で、大切に使用しましょう。


また、高い金額でシュレッダーを買い取ってもらえるリサイクルショップの特徴についてもご紹介しました。

ポイントは、リサイクルショップが運営している販売サイトをチェックすることです。


買取処分は事前の情報収集が大切です。ぜひ、この記事の情報を参考にして、お得にシュレッダーを処分して下さい。


業務用シュレッダーの買取処分


<関連記事>

大型シュレッダーの廃棄処分は損? 処分費用の相場を大公開!

シュレッダーの処分方法の王道! 廃棄よりもお得な買取処分の方法とその費用

株式会社エーワン
株式会社エーワン

OA機器の整備、販売、買取を業としています。コピー機(複合機)、ファクス、シュレッダー、印刷機(輪転機)、紙折り機、丁合機の知見が深く、コピー機については保守や修理のサービスまで提供しています。

OA機器のご相談、お待ちしております
このサイトは、OA機器リユースのプロ「株式会社エーワン」が運営しています。
機器の導入やトラブルのご相談、買取、修理のご依頼までお気軽にお問い合わせ下さい。

この記事を読んだ人はこの記事も見ています

(c) A1 Co.,Ltd.